薄毛で悩む人に朗報!抜け毛を防ぎ発毛を促進するミノキシジル

髪を触る

ドラッグストアで購入

発毛や育毛という問題については、最近では若い人の問題になっていることもあって、社会的に大きな関心が寄せられています。
テレビを付けてみると健康番組では「薄毛」をテーマにした特集が組まれ、雑誌にはヘアケア特集が載せられ、育毛剤や育毛シャンプーのテレビコマーシャルが頻繁に打たれるようになっています。

ミノキシジルという有効成分を含んだ育毛剤がこの世に誕生したのは1980年代のことで、ところはアメリカ。外用薬として、そして内服薬として、今でも世界中のマーケットでこの成分は活躍しています。
日本ではというと、1999年に一般医薬品として外用薬の育毛剤が登場しました。一般医薬品というのは、病院へ行ってドクターに処方箋を書いてもらわなくても、ドラッグストアで直接購入することが出来る薬のことです。

長らくの間、ミノキシジル含有量1%というのが日本の育毛剤の基準となっていました。日本は医薬品認可の基準がなかなか厳しいことで知られていて、あまり激しく効果を発揮するような薬は出ていないことが多いのです。
育毛剤の世界でも、1%というどちらかと言えば控えめな含有量の育毛剤が、何より安全で良いだろうということで基準になっていたのです。
とはいえ、もちろん人によって薄毛や抜け毛の程度は違って、クリニックで治療される際にはミノキシジル含有量はドクターの判断で調節してもらうことが可能でした。1%では足りないという薄毛の人もいて、そういう意味ではドラッグストアで購入できるミノキシジルの育毛剤は、人によってはちょっぴり不便なものだったのです。

その状況は、2000年代の半ばになって解消されることになりました。一般医薬品としてドラッグストアに並ぶ育毛剤に、ミノキシジルを5%含有して良いということが決まったのです。
1%で充分な人、5%欲しい人、さまざまな薄毛を頭にのせている人たちが、それぞれ選べる時代が来ているのです。